【事例で学ぶ】洗面台交換・洗面化粧台交換・洗面脱衣所リフォームの工事費相場や施工事例

洗面化粧台(洗面台)のリフォームで気になることはやはり「価格・予算はいくら?」「工事期間がどの程度?」ということですよね。また「多くの方は築何年位でリフォームしているのか?」という疑問がある方もいるでしょう。そこでニラスイホームの施工事例を元に、洗面脱衣所のリフォームの価格や工事期間の目安や相場などを確認してみましょう。洗面化粧台(洗面台)の取り換え、洗面所(脱衣所)内の床や天井の壁紙(ビニルクロス)や床のクッションフロアなど内装工事込みのまるごとリフォーム、人気のあるTOTO、タカラスタンダード、LIXILなどのおしゃれな商品を設置した実例や、リフォーム前に確認しておきたい洗面化粧台の選び方など参考になれば幸いです。

この記事の目次

【予算・目的別】洗面所リフォームの平均費用・価格相場

以下のグラフはニラスイホームが施工をしてきた洗面所リフォームの費用相場を表したものです。
最も多い、20万円未満/20〜50万円/50万円以上で可能なリフォーム内容について、簡単に確認しておきましょう。

【20万円未満でできる洗面所リフォーム】

最低限の機能の洗面台化粧台(洗面台)の交換や、洗面所の壁紙(クロス)・クッションフロア床材など内装のみのリフォームなどであれば、20万円未満で工事可能です。

一般的な洗面化粧台(洗面台)の交換工事は半日〜1日程度で完了するので、費用も時間もあまりかからないという良さがあります。

シンプルな洗面化粧台(洗面台)を選ぶことで、10万円未満でリフォームできたケースもあります。

【20〜50万円でできる洗面所リフォーム】

洗面所(脱衣所)リフォームの中心となる価格帯は、20〜50万円です。

スタンダードタイプの洗面台の交換とあわせて、壁や床などの内装仕上を新しく貼り替える場合は、20万円以上かかることが多いです。
ちなみに施工にかかる日数は、1〜3日程度です。

また洗面台交換のみの工事であっても、多機能のハイグレードモデルを選択した場合などには、20〜50万円ほどの費用がかかることもあります。

なお、洗面脱衣所などでは浴室の湿気や水濡れで床の下地が傷んでいる場合などは別途工事費用がかかるので、念のために専門スタッフに追加工事が発生した際の目安金額も聞いておくと安心でしょう。

【50万円以上の洗面所リフォーム】

グレードの高い洗面台や内装材でリフォームする際や、洗面台脇に大きな収納棚なども設置する場合、洗面所をバリアフリー仕様にする場合などは、50万円以上かかることがあります。

また洗面化粧台の位置を移動や大幅にサイズを変更する場合や新たに洗面化粧台を新規設置する場合では、給水や給湯、排水管の工事や電気配線工事なども伴うため、設置場所や工事規模によっては50万円を超える可能性があります。

【洗面所・洗面台リフォーム費用の内訳】

洗面所全体のリフォームにおける料金は、設置や取り換え工事にかかる費用と洗面化粧台本体にかかる価格で構成されています。

【工事にかかる費用】

 

工事内容

費用相場

工事期間

洗面化粧台の交換

820万円 ※機器のグレードによる

半日~1

内装工事(天井・壁・床)

515万円 ※工事範囲と仕様による

1~2日

洗濯機パンの設置

13.5万円

半日

 洗面化粧台(洗面台)交換と同時に、壁・天井のクロスや床材のクッションフロアの張り替えも行う場合、洗濯機パン(洗濯機本体を置く受け皿)を一度取り外す必要があるため別途費用がかかります。

取り外した洗濯機パンをそのまま再利用する場合には約1万円、洗濯機パンも新しく取り替える場合には2〜3万5千円前後の費用がかかります。

【洗面化粧台(洗面台)のグレードの違いとは?割引率はどのくらい?】

洗面所・洗面化粧台リフォームは複雑な工事になることが少ないため、ほとんどの場合は洗面化粧台本体のグレードと内装仕上げの範囲と仕様によってリフォーム費用が上下します。
ここで洗面化粧台のグレードの違いや各メーカーの代表的なタイプのついて確認しておきます。

【シンプルタイプ】の洗面台の特徴・価格・メーカー品

本体価格=約58万円

 

間口(幅):60cm75cm

上部の化粧鏡:一面鏡で両脇に収納があるタイプ

下部の本体キャビネット収納部:シンプルな両開き(観音開き)扉

◎主な商品:LIXIL『オフト』『PV』、ノーリツ『シャンピーヌ』、クリナップ『BTSシリーズ』『BGAシリーズ』、TOTOVシリーズ』、パナソニック『エムライン』など

【スタンダードタイプ】の洗面台の特徴・価格・メーカー品

本体価格=約1020万円

 

間口:75cm90cm

上部の化粧鏡:三面鏡で裏面収納あり

下部の本体キャビネット収納部:引き出し(スライド)収納

◎主な商品:LIXIL『エルシィ』『ピアラ』、パナソニック『シーライン』『ウツクシーズ』、ノーリツ『ソフィニア』、TOTO『サクア』、ハウステック『ココッシュ』など

【ハイグレードタイプ】の洗面台の特徴・価格・メーカー品

本体価格=約1030万円以上

 

間口:75cm90cm100cm120cmの他、オーダー可能な場合もあり

上部の化粧鏡:様々な照明と鏡のバリエーションもあり

下部のキャビネット収納部:引き出しタイプ、サイドキャビネット、様々な仕上げ材など選択肢が豊富

 

◎主な商品:LIXIL『ルミシスシリーズ』、TOTO『オクターブ』、パナソニック『ラシス』、クリナップ『ティアリス』など

メーカーのグレードによって、洗面化粧台やキャビネット収納、オプション機器の割引率や施工費用が異なるものがあるので、詳しい専門スタッフと相談して確認することが大切です。

【洗面化粧台(洗面台)のサイズ・収納・ボウル素材の選び方】

【洗面台の幅・洗面カウンターの高さ】

新しい洗面化粧台を選ぶ際には、既存の洗面台の間口(洗面台の横幅サイズ)と全体の高さを測った上でサイズが合う商品を選択する方法が一般的です。

洗面スペースを広くしたい場合には、洗面化粧台の設置位置の変更や脱衣所の拡張も可能なので、専門スタッフに気軽に相談してください。

 

また、床から洗面カウンターや洗面ボウルの縁までの高さは、腰への負担など使い勝手に大きく影響するため、しっかり考えて選びましょう。

目安となる高さは「身長÷2」と言われています。

 

洗面カウンターの高さは「75cm」か「80cm」を選べる製品が多いですが、メーカー品によっては「85cm」も選択できます。

ご家族の身長に合わせて適したサイズを選択するのですが、小さいお子様がいるからと低めの高さにすると成長した後に使いにくくなるので、踏み台などで一時的対応する方が良いと思います。

【収納キャビネット】

洗面ボウル下の「ベースキャビネット(化粧台)」と「ミラーキャビネット(化粧鏡)」部分の収納タイプについてもしっかり考えていきましょう。

 

「ベースキャビネット(化粧台)」はたいていの場合、以下の3種類から選べます。

 

2段引き出しタイプ

②扉タイプ(観音開き扉)

③片引き出しタイプ(扉と引き出し併用)

収納する予定の物を考えて、最適なタイプを選びましょう。

例えば、タオルなどを整理しながら収納したい場合は①を、大きなバケツなどを収容したい場合は②や③を選ぶと便利です。

 

「ミラーキャビネット(化粧鏡)」については一面鏡か三面鏡を選べる商品が多く見られます。

一面鏡はシンプルなため本体価格が安いですが、鏡の裏側を収納として使える三面鏡のほうが、見た目がスッキリし収納力があるので人気があります。

【洗面ボウル】

洗面ボウルの大きさについては、洗面化粧台(洗面台)で普段行う作業を基準に考えましょう。

 

もし洗濯の先洗いや浸け置きなどをするなら、なるべく深さがあって大きい洗面ボウルにしておくと便利です。

バケツを使用する場合は洗面ボウルの底と蛇口の間の距離が取れるタイプか蛇腹ホースで伸縮できるモノを選定すると使い勝手が向上します。

【システムタイプや造作でオーダー洗面台】

洗面化粧台(洗面台)には「組み合わせ(システム)タイプ」と「造作タイプ」、「ユニットタイプ」の3パターンがあります。

 

「ユニットタイプ」は、洗面ボウル・水栓金具・鏡・照明・収納などがセットになった一般的な据え置きの洗面化粧台のことです。

 

「組み合わせ(システム)タイプ」はそれぞれの部品をひとつずつ、いわばオーダー・セミオーダーで組み合わせ可能な洗面化粧台です。

選ぶ素材やシステム部材によって費用が変動しますが、一般的には「ユニットタイプ」よりも費用が高くなることが多いですが、使い勝手や見た目を重視したい場合には検討してみてください。

 

「造作タイプ」は、既製品の洗面ボウルと建具屋さんや大工さんにカウンターを造作してもらい、仕上げ材にタイルを貼ったりしてオリジナルのデザイン性のある洗面台を作ることも可能です。サイズや仕上げなどこだわりある洗面台をお求めになる場合は、ぜひご検討してみてください。

 

どのような場合であっても、予算に合わせて希望のサイズやデザインにできるかどうか、専門スタッフに一度相談してみるとよいでしょう。

カテゴリーから探す